礼拝

マルタとマリアの話

投稿日:

「しかし、必要なことはただ一つだけである。マリアは良い方を選んだ。それを取り上げてはならない。」(ルカによる福音書10章42節)

イエス様はあるとき、マルタとマリアの家にきてくださいました。
マルタがお姉さん、マリアが妹の姉妹です。

お姉さんのマルタは、イエス様に喜んでもらおうと、おいしい食事を用意しようとしました。
あちこち動いて、野菜を切ったり、お湯を沸かしたり、大忙しです。

でも、ふと見ると、妹のマリアは、イエス様の前にすわって、話をじっと聞いています。
マリアは、お姉さんのマルタを手伝おうと思っていましたが、イエス様の話をもっと聞きたいと思って、じっと聞き続けました。聞いているうちに、うれしくなって、マリアはイエス様が、ゆるして受け入れてくださっていることが分かってきました。お姉さんのマルタの言うとおりにできなくて、よく怒られたかもしれないマリアは、イエス様に受け入れていただいてとても安心しました。イエス様について行って、そばにいて、ずっとイエス様の言葉を聞いていたいとも思いました。

そんなマリアの心が分からないマルタは、どうして早く手伝ってくれないのだろうか、と思って怒ってしまいました。
それでイエス様に、マリアに手伝うように、しかってください、とお願いしたのです。

でも、マリアのことをよく知って、受けいれてくださったイエス様は、マルタのことも受け入れておられて、すべてご存じでした。やさしく愛をもって語りかけられたのです。
「マルタ、マルタ」と。

「あなたは多くのことに思い悩み、心を乱している。」と。
食事の支度のことだけでなくて、日頃のことも含めて語りかけられたのです。マルタは驚いたはずです。悩みを隠すように、あくせく動いて支度していたかもしれません。イエス様はすべてをご存じでした。マルタもまた、マリアのように、すべてを受けいれてくださるイエス様を知って、ほっとしたかもしれません。

イエス様はさらに語りかけられます。
「しかし、必要なことはただ一つだけである。マリアは良い方を選んだ。それを取り上げてはならない。」
マリアが、イエス様の前にすわって、じっと話を聞いていたことは、どうしても必要なことでした。           いっしょに礼拝をささげて、イエス様の言葉を聞いて生きることはどうしても必要なことだ、と言われたのです。

礼拝では、イエス様の言葉をいっしょに聞いて、それからお祈りします。
そのように、神様の言葉を聞いて祈ることは、どうしても必要なことです。
マリアやマルタがそうだったように、ほんとうに安心して、神様を信じて生きるようになるからです。
おそらくマルタとマリアは、このあと、いっしょに礼拝をして、イエス様の話を聞いたはずです。
それでそのあとで、ふたりはいっしょに助け合って、食事の支度をしたと思います。

いろいろ違うお互いを、イエス様が結び合わせて、いっしょに祈るお互いにしてくださるのです。

 

 

-礼拝

Copyright© 国分寺教会 , 2018 All Rights Reserved.